☆身体とこころとオーラ通信 2015/8/7 第57号

みなさんこんにちは。

身体とこころとオーラ通信第57号です♪

 

今号から、イベントスケジュールページに「今号のPICK UP!イベント」の項目ができました。

今の旬なイベントから、残席のある大人気心理プロセスグループ情報など、オススメイベントを掲載しています☆

 

 

◇━━━━━━━━━━━━━━◇

★1★kanae column vol.11

 

☆ひーちゃんのお部屋☆

キャラクトロジータイプ別「学校」あるある1

◇━━━━━━━━━━━━━━◇

 

ココは5つのキャラクトロジーが5人の人になり、キャラクトロジーアドバイザーひーちゃんとテーマを設けてお話するお部屋です。

 

・・・と、いう設定の架空の世界です(笑)

 

 

☆「キャラクトロジー(性格学)」って?☆

 

受胎~誕生から5~6才までの乳幼児期の体験の中で形成される5つの性格パターンと、その防衛反応(ディフェンス)を指します。

 

逃げたり、満たされなかったり、自由がなかったり、戦ってしまったり、完璧であろうとしたり・・・人は様々な「ややこしいこと」をしていますが、それは子どもの頃、本当の自分から離れ、生きるためにした防衛反応です。

 

スキ蔵(スキゾイド):「嫌われた子ども」。周りは私を拒絶する。だからココに居たくない。

オーラルン(オーラル):「見捨てられた子ども」。足りない、何もない、満たされない。

マゾッキー(マゾキスト):「過剰に愛された子ども」。いつも奪われて、自由がない。

サイ子(サイコパス):「条件付きで愛された子ども」。きっと裏切られる。だから周りをコントロール。

リジ爺(リジット):「厳しくしつけられた子ども」。完璧に、ちゃんとしなくちゃ。

 

 

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

 

 

キャラクトロジーアドバイザーひーちゃん:

みなさん、こんにちは。

「ひーちゃんのお部屋」のお時間です♪

今日はみんなの「学校あるある」を探っていきたいと思います☆

 

リジ爺:

わしからいいかのう?

リジットは学校で過ごすのが上手いんじゃ。

いつも完璧でちゃんとしておるからのう。

先生とも仲しさんじゃ。

 

マゾッキー:

リジ爺さんが小学生の頃は、学校も先生も厳しかったの?

竹刀持ったこわーい先生がいたんじゃないかと思って。

 

リジ爺:

おったのう。

ちゃんとしていないと叱られたものじゃ。

ほれ、アメリカンの若者たちが、机に腰掛けてぺちゃくちゃおしゃべりしたり、ガムをかんでおったりするのをテレビで観るじゃろう。

アメリカンとは全く逆じゃ。

ジャパニーズは厳しいんじゃよ。

 

ひーちゃん:

ジャパン・・・じゃなくて、日本の学校はリジットを作るんだよね。

先生の言うことは絶対!と育てるとリジットになる。

だから「厳しくしつけられた子ども」なんだよね。

 

リジ爺:

リジットのすごいところは、それに上手く答えてしまうところじゃ。

先生の出す宿題はいつも完璧。

先生の言う規則も言語道断で守るもの。

 

サイ子:

リジ爺さん、本当まじめよね。

私なんて先生に反抗しながら成長したから、すごいと思うわ。

 

リジ爺:

いいのか、悪いのか、わからんがのう。

リジットはいつも「もっともらしい」ことを言っておるけど、心に響かないんじゃ。

どうあるべき?何が答え?と考えておると「おりじなりてい」が失われるんじゃよ。

 

サイ子:

例えば・・・?

 

リジ爺:

エングリッシュの授業で、「Hello! How are you?」と聞かれたらなんて答えるかのう?

 

サイ子:

「I’m fine!」とか、「I’m good!」とか?

 

リジ爺:

そうじゃろう。

学校で習ってきた「答え」はそうじゃろう。

しかしのう、いつも元気なわけじゃない。

 

サイ子:

確かに!

「今日の私の調子はどうかしら」って自分に問いかけるよりも前に、条件反射的に「I’m fine」が出ていたわ?(笑)

これがオリジナリティがなくなって、答えがひとつになっている状態なのね・・・

 

リジ爺:

みんな染み付いておるんじゃ(笑)

日本人あるあるかもしれんのう。

綺麗な英語を完璧に話せないから、中学、高校と5年間勉強しても日本人は英語を話さないんじゃ。

「間違えちゃいけない!」というセンサーが働いて、外国人を目の前にすると固まって話せなくなるんじゃ。

 

サイ子:

なんだかリジ爺さん、詳しいわね。

 

リジ爺:

わしはもともとエングリッシュテーチャーたっだからのう。

 

みんな:

えー!!!

英語の先生だったんだ(笑)

 

リジ爺:

そうじゃ、エングリッシュテーチャーじゃ。

教員にもリジットは多いのう。

 

スキ蔵:

僕はね、カチッと固まった枠組みの中にいられないタイプだよ。

 

リジ爺:

引きこもりタイプじゃのう。

 

スキ蔵:

ズバッと言わなくても・・・(笑)

でも、確かにそうなんだよね。

スキゾイドは集団から抜けるし、逃げるし、そもそも学校が合わないと思う。

 

ひーちゃん:

小学生の頃はどんな感じだったの?

 

スキ蔵:

マイペースだったよ。

というか、ぼーっとして身体から抜けているから周りの動きにも気付かないし、その結果マイペースと言われちゃうっていう感じ。

 

ひーちゃん:

ふらふらどこかに行っちゃうタイプ?

 

スキ蔵:

うん。

修学旅行のときにお土産を買いに行ったんだ。

もちろん集団行動。

僕はね、すごく可愛い奈良の鹿の置物を眺めていたんだ。

癒されるな~と思って。

そしたら先生がやって来て怒るんだよ。

「さっさと来い、時間だぞ!」って。

 

マゾッキー:

集合時間、過ぎちゃったの?

 

スキ蔵:

いつの間にかね。

で、みんなのところに戻ると「スキ蔵くんってマイペースだよね」って。

学校はあんまり好きじゃなかった。

過ごしにくかったよ。

 

ひーちゃん:

今見えているものが世界の全てだと思うものだけど、子どもの頃は行動範囲も狭いし、関わる人も決まっているから、窮屈なんだよね。

 

さて、今日はこの辺で。

来週もお楽しみに!

 

 

to be continued☆

 

 

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

 

 

☆怖いほど図星!あなたの性格タイプを解明「キャラクトロジー無料診断」☆

 

普段よくやっているお気に入りのディフェンスタイプが知りたい方、下記リンクから簡単無料診断をご利用ください♪

www.reservestock.jp/page/fast_answer/1312

 

 

【次回】8/14

 

☆ひーちゃんのお部屋☆

キャラクトロジータイプ別「学校」あるある2

 

 kanae

私のキャラクターはどれ?知りたい!と思った方は、HITSキャラクトロジー無料診断へGO

「village通信 アナタのトリセツ私の取説」はメルマガ配信しています。ご登録はこちら

マイプロフィール

心理セラピー

西の魔女のブログ

スケジュール

受講者の声

ヒーリングの感想

卒業ヒーラー紹介

village通信 アナタのトリセツ私の取説メールマガジンバックナンバー

私のキャラクターはどれ?知りたい!と思った方は、HITSキャラクトロジー無料診断へGO

お申込み/お問い合わせ

ページのトップへ