☆身体とこころとオーラ通信 2015/9/1 第64号

「家族、恋人、友人。健全な関係性の築き方って?」な、今号です。

 

みなさんこんにちは!

身体とこころとオーラ通信第64号です☆

 

8月が終わり、9月がやってきました。

夏バテはしていませんか?(*^^*)

 

今回も秋のイベント情報盛りだくさんです♪

 

 

◇━━━━━━━━━━━━━━◇

★1★イチオシ情報:9/6 in札幌!「バウンダリー(境界線)ワークショップ」&「心理プロセスグループ」同日開催☆

◇━━━━━━━━━━━━━━◇

 

「バウンダリー(境界線)~健全な関係性の築き方~」

 

【boundary】

読み方:バウンダリー/バウンダリ

文法情報:名詞

意味:境界(線)

 

 

様々なものごと、人と人との間には「バウンダリー(境界線)」が存在しています。

 

例えば、パートナーからの嫌な要求にNOと言えなかったり、お母さんが勝手に自分の部屋を掃除していたり、友達からの長電話を切れなかったり・・・そんな体験をしたことがある方はいらっしゃいませんか?

 

それは全て、健全なバウンダリーが引けていないからなんです。

 

 

(*^^*)筆者kanaeの体験談(*^^*)

 

我が家は5人と1匹家族。

自分を癒してきたのはまず母親。そして次に私。

私が母のように勉強しようと考えた決め手は、家の中で母が健全なバウンダリーを引き始めたからでした。

 

うちのパターンはというと・・・

1.父親と弟が言い合いをはじめる

2.母親が2人の間に入る

3.「お父さんと弟の問題なんだから、お母さんは関係ないじゃん!」と私も入る(笑)

4.いつの間にか母親と私のやり取りになる

というものでした。

 

私と兄弟の間、父親と弟の間、父親と妹の間など、「間」には母が入ることが生まれてからの当たり前だったため、母を介した家族との関わりしか、私は正直知りませんでした。

仲は良いはずなのに、上っ面で親密じゃない。そんな感じ。

 

ところが2年ほど前、「間」に母が入らないということが起こり始めました。

母が入らないから、私も入らない。

とっても不思議なんだけど、入らない。

入らないから、母以外の家族とのダイレクトな関わりが生まれる。

家の中のその変化に気付いたとき、タイミングよく母からHITSの講座に誘われ、受講し始めました。

 

学んでいくと、家の中で何が起こっていたのか、そして私も同じようにバウンダリーを越えて介入していたことを知りました。

私たち家族の中で、「バウンダリー」は大きな課題でした。

 

家族でも、友人でも、パートナーでも、職場の人間関係でも、関係性においてバウンダリーは切っても切り離せないテーマだと思っています。

健全なバウンダリーが引けるから、健全な関係性が築けるんです。

 

 

9/6、「バウンダリー」をテーマにしたワークショップが札幌にて開催されます!

今現在、現実に不具合が生じている方にオススメしたい「心理プロセスグループ」も同日開催しますよー☆(残り2席!)

詳細は下記リンクからどうぞ♪

 

<受付中>

9/6【札幌】バウンダリー(境界線)~健全な関係性の築き方~

www.reservestock.jp/events/78830/

 

<残2席>

9/6【札幌】感情のブロックを開放する心理プロセスグループ

www.reservestock.jp/events/78829/

 

私のキャラクターはどれ?知りたい!と思った方は、HITSキャラクトロジー無料診断へGO

「village通信 アナタのトリセツ私の取説」はメルマガ配信しています。ご登録はこちら

マイプロフィール

心理セラピー

西の魔女のブログ

スケジュール

受講者の声

ヒーリングの感想

卒業ヒーラー紹介

village通信 アナタのトリセツ私の取説メールマガジンバックナンバー

私のキャラクターはどれ?知りたい!と思った方は、HITSキャラクトロジー無料診断へGO

お申込み/お問い合わせ

ページのトップへ