バウンダリー講座

バウンダリーとは

aura2目には見えないけれど、人と人、国と国などのあいだに存在する境界線のことです。

この “自” と “他” をわける境界線は、固定化されたものではありません。私たちが意識していないだけで、お互いの在り方や関係性、また出来事によって瞬時に変化し、フレキシブルに伸び縮みしています。

しかし、バウンダリーの線引きが明確でなく不健康だと、その関係性においては必ず何らかの歪みや問題が短期的・長期的に形成されてしまうのです。

 

健康的なバウンダリーの線引きをするメリット

健康的に “自” と “他” を線引きすることで、私たちはお互いの違いを明確にすることができます。「何が」「どのように」違うのか、というお互いの性質の違いが触れ合うところにバウンダリーは存在するからです。

ゆえに、バウンダリーを明確に意識できるようになると、人間関係は劇的に変化します。

相手との間にバウンダリーを引くということは、相手から分離したり相手を拒絶したりするということではありません。健康的なバウンダリーの性質を理解し実践すると、自分自身の特質やエッセンスが明確になり、自分軸が整います。 その結果、人生の目的や使命も明確になってゆきます。

 

2つのバウンダリー線引き法(set boundary と draw boundary)

バウンダリーの線引きには「set boundary(セット・バウンダリー)」と「draw boundary(ドロー・バウンダリー)」という2つの種類があります。

〈セット・バウンダリー〉

私たちは、この世界に生まれ育ってきた中で、たくさんの誤解や誤認を内側に抱えながら成長してきました。そして、その誤解や誤認を元に、現実を創造しています。

つまり、内面の誤解や未成熟な部分、未だ知らないところ、「どうしたらいいかわからない」という位置にとどまっている部分などが、そのまま現実の中に創造されているのです。

セット・バウンダリーが明確にできていないと、一生これらを目の前の現実として創り出し続けることになります。

セット・バウンダリーの概念と線引き方法を理解すると、不明瞭なままの内面を整理整頓し、これまでわからなかった部分をピンポイントで理解していくことができるようになります。そうすることで、目の前に創り出される現実は大きく変わり始めます。

現実でうまくいっていない出来事の根本的な原因は、あなたが何か間違っているわけではありません。内面のセット・バウンダリーができていないからなのです。

〈ドロー・バウンダリー〉

セット・バウンダリーが、自分の内側での線引きであるならば、ドロー・バウンダリーは、 “自” と “他” の関係性において、“他” とどのようにやり取りをしていけばよいのかという外側とのコミュニケーションにおける線引きの方法です。

ドロー・バウンダリーの概念と方法を理解すると、現実にうまくいかない出来事が起こったときに劇的な効力を発揮します。目の前で起こっている出来事に対してパニックになることなく、自分の内面へと向かい、目の前の出来事を誘発している誤解や誤認に気づく道しるべとなってくれるのです。

 

バウンダリー講座を受講するとわかること

 

バウンダリー講座を受講したい方へ

対人関係の最強スキル ~今日から人間関係でもう悩まない~ 【バウンダリー線引きhowto講座】

山本美穂子講座一覧から開催日程や開催地等の詳細をチェックしていただけます。

マイプロフィール

心理セラピー

西の魔女のブログ

受講者の声

ヒーリングの感想

卒業ヒーラー紹介

私のキャラクターはどれ?知りたい!と思った方は、HITSキャラクトロジー無料診断へGO

あなたが一緒にいて居心地いい人かどうかがわかる★バウンダリータイプ無料診断★

お申込み/お問い合わせ

ページのトップへ