ヒーリングの感想

「人生、変わるわよ」の一言

小さいころから、現実の世界に存在することがうまく出来ず 空想の世界で生きている子供でした。嬉しかったことも楽しかったことも悲しかったことも辛かったことさえも自分の中に記憶として多くは残っていません。

ヒーリングに出会う前は、暗闇の中をただただ光を探して歩いているような感じでした。
家族関係もうまく築けず、夫婦関係も破綻しており、当時5歳だった子供の存在だけが私を現実の世界に留めていた理由だったと思います。
BBSHという存在を初めて知ったのは、ある一冊の本でした。
動き出さなくてはという衝動にかられ、インターネットの中で探し当てたのが美穂さんのブログでした。

ヒーリングの感想 はじめて美穂さんと話したときのことを、今でもはっきりと覚えています。
その時の彼女の一言が私を動かしたといっても過言ではないと思います。
「人生、変わるわよ」
それが、私とヒーリングとの出会いでした。

ヒーリングを初めて受けた日のことも、とても鮮明に覚えています。
自分の体から、大量の何かが解き放たれていく感覚をひたすら感じていました。
その後、何度となくヒーリングを受け 現在に至っています。

私がヒーリングを受けるときは、肉体的・精神的になにかしらのダメージがあったときですので、自分を含め、自分を取り巻くものも重たい感覚です。澱んでいる水・ドロドロ血液そんな感じでしょうか。
ヒーリングを受けた後は、それがとても軽くスッキリします。
一回のヒーリングを受けただけで、現実の事態は変わりませんがそれに対する自分が違ってくるというか・・・心の持ちよう、体のスッキリ感は絶品です。
息子も幾度となくヒーリングをお願いし、5歳の頃よりずっとみていただいていますが、ヒーリングを受けた次の日、息子は爽快に5:30am頃起床していました。

ヒーリングを受けて、私の人生は劇的に変わりました。
肉体的には、私は腰椎の5つある骨のうちの1つが骨盤に入り込んでいて4つしかありません。その影響もあり、出産後わずかでギックリ腰を患い日常生活もままならないほどの痛みに襲われていました。痛みがとれてからも、無理をすれば腰が固まり・・・といった状態を繰り返しておりました。ヒーリングを受け続けてきたこの数年、今は腰が固まることもなく過ごしています。みんながびっくりするような重たい書類箱もしっかり持ち上げられます。

幼少の頃より両親の存在がとても怖く、その支配から逃れたい逃れたいという思いとそんなことは絶対に無理であるという絶望を同時に抱えて、常に葛藤した状態でいました。
自己否定も強かったです。その当時、主人との夫婦関係も破綻していました。
ヒーリングを受けていく中で、ひとつひとつ自分の恐怖や葛藤を理解し、時にはどうしていいのか不安にかられることもありました。美穂さんが怖くて連絡できなかった時もありました。けど どんな時でも美穂さんは優しく時には厳しく、受け止めてくれました。
この6年半の間に、私は両親の元を離れ、主人との関係も一度リセットし、新たなスタートを切りました。ようやく両親と恐怖を持たずに話をすることができるようになり、一度は完全に破綻した主人と再度歩き始めました。
私は、ずっと自分は被害者だと思い続けてきました。かわいそうな人間であると。
だけど、そうじゃなかったことも理解できました。
被害者でもあったけど加害者でもあり、かわいそうな人間でもあったけど恵まれた人間でもあったと。ものすごく人に干渉されていると思っていたけど、自分もものすごく人に干渉していたことも。
小さい頃から、自分の居場所というものがよく分からなくて 常に怯えていました。
ようやく安心できるスペースというものの心地よさを理解できるようになりました。
まだまだ乗り越える山はいろいろあり、頭を悩ませることもありますけど、とても心が大きくのんびりとして、悲観的じゃなく受け止めることができるようになりました。
その都度の気づきのチャンスにも恵まれていると思います。
他人の感情を自分の責任だと思い、自分を責めていましたが、ようやく切り離すことができるようになったことは、とても大きいと思います。

毎日、眠りに付くためにお布団に入ったときの ふんわりとやわらかい感触を感じて、今日も一日こうして眠りにつくことができることの幸せを感じることができるようになりました。小さなことですが、幸せを感じることができることって素晴らしいです。

わたしにとってのヒーリングは、洗濯みたいなものでしょうか。
それもとても上質の洗濯です。

あらためて振り返る機会を与えてくださったこと、感謝します。
これからも「人生、変わるわよ」の一言について行きます。
愛をこめて。

何をしたい?ってどういうこと?

何よりも先に思い出すのは、美穂ちゃんに「あなたは何をしたい?」と尋ねられ、何をしたい?ってどういうこと? と思った自分。
そう、わたしは「自分がどうしたいのか」と尋ねられても質問の意味がわからなかったのです。なぜなら、自分自身が何をしたいのか、どうしたいのかなんてそれまで考えたこともなかったから。

それまでのわたしの行動の根拠は、そうするのが普通だから、とかそうすれば親が喜ぶから、とかいった外部の要因だけで、自分の心がどう感じているかなんて、そんな概念すら持っていませんでした。

わたしが美穂ちゃんのヒーリングを通じて得たもの、というより取り戻したものは、「自分自身」そして「自分の力」です。

今、「あなたは何をしたい?」とあのときと同じ質問をさ れたら、わたしは迷わず今この瞬間自分がどうしたいと思っているかを答えます。

今の方が、あの頃よりはるかに幸せです。

雪や氷を溶かす春の日差しの様

ヒーリングを体験するまではオカルトっぽいその存在に半信半疑でしたし、興味本位に体験してみたい程度でした。
ところが、実際にヒーリングを受けてみると、それまで不快に感じていた身体の不調が楽になり、それ以上にほんわかほっこりとした心理的な安心感に包まれました。

ヒーリングの感想 私の場合、脳梗塞を患って呂律が回らないとか左手の動きが鈍くなる等の後遺症があったのですが、これがすっかり消えてしまいました。
また以前から高血圧で、投薬による治療をしてもなかなか下がらなかったのですが、ヒーリングを数回続けた後では正常値になり落ち着いています。
ヒーリング直後は時に激しく変化が起きてしまい、逆に悪くなったかの様な印象すら受けることもあるが、時間の経過と共に落ち着いていきます。

ヒーリングを受けて感情の起伏が大きくなりました。一番大きな事は、笑って身体が熱くなる様になった事です。
感情の波に合わせて身体の中で気が上下している様子を感じられるようになりました。不思議と穏やかな気持ちになっており、ヒーリングを受けた翌日など人とのやりとりが和やかになっていました。

私にとってヒーリングとは、
人間の持つ自然治癒力を優しくサポートしてくれる感じ。
薬や手術によって荒々しく治療された部分を細かく仕上げていくような感じ。
見えていなかった事に気づかせてくれる、まるで心のメガネの様な感じ。
雪や氷を溶かす春の日差しの様な感じです。

確信を持ってヒーリングのエネルギー感じてます

ヒーリングとはどんなものなのか、正直よくわからないです。

なにがいつどうやって遠隔なのに伝わるのか

五年以上前に息子が意識不明となった時、モニター画像に映る神経細胞の先端部分が電流を流しても変化がなかったのに、びこびこ動きはじめたのをみました。
時間的に明らかにヒーリングしてもらってる時でした。不思議な光景でした。

以来なんとなくではなく、確信を持ってヒーリングのエネルギー感じてます。

その経験以降、自身もヒーリングを受けながら、がん摘出手術、抗がん剤治療、化学療法 、抗がん剤治療後の神経麻痺の過程を経て、いろいろ機能低下は確実に起こっはいるけれど、今日も生きてると実感しています。

美穂さんのヒーリングを受けていなかったら今のこの状態は完全になかったと思います。
医師たちが最善を尽くし今日まで命つなぎとめることできたとしても、今のような生にはならなかったと思います。

ただがんで死にたくない、治療中の痛み緩和してほしい一心でヒーリング受けつづけ、その思いは叶いました。

そして気づいたら、どうでもいい、煩わしいと思っていた家族が、かけがえのないものに変わっていました。

いつの頃からか、必ず身につけてないと不安でたまらなかった護身用グッズが消えていました。

キーキーうるさいと感じていた子供の声が心地よく感じ、一番心地良い音となりました。

自分の家でありながら自分の居場所がないと感じていたましたが、家族としての空間、自分だけの空間も確認でき、生まれて初めて心地良い自分の居場所をゲットできました。

根拠はないけれどヒーリングの付帯効果だと私は思っています。

「変わりたい」って思う気持ちを後押ししてくれる

まず、ヒーリングを受けたいと思ったのは母や妹に対する怒りや憎しみから解放されたいと思っていたから。
ヒーリングを受けた後は、徐々にだけど、怒りや憎しみ、そして自分の中の悲しみが昇華されていくのを感じました。
そして、母に対しては慈しみの心を抱けるようになりました。なんていうのか、母の子供の頃や若いころに想いを馳せて、母の立場で考えることができた時、怒りや憎しみが消えたのを感じました。 妹に対しても時間はかかったものの、負の感情を抱くことはなくなりました。

もしもヒーリングを受けてなかったら今の私はどうだったんだろう。それを考えるとものすごく怖い気がしますが、もしもなので止めときます(笑)ヒーリングを受ける事で一時的にしんどいとか痛みとかを感じるけど、治癒していると思えば全然辛くなかったなと思います。
ただ、腰が曲がらないほど痛くて治療してもらいましたが、今ではいい思い出です。

ヒーリングの感想 肉体的には、胸の痛みから解放されました。私はハートチャクラが動いてなくて、それで痛みを生じていたのですが、ヒーリングを何度か受ける事で癒され、痛みを感じる事はなくなりました。
霊的には、自分の能力をきちんと受け入れるという下準備ができたことが大きいですね。MIHOさんと知り合えたことで、自分を受け止める事が出来たので、霊能力に関してもきちんと受け入れる事ができたと思っています。
精神的には、自分と他人の境界線の線引きができるようになったことですね。これができるようになったおかげで生きるのが本当に楽になりました。
人生の変化は、本来の自分を取り戻すきっかけを作ってくれたと思っています。自分に対しての自信がなかったのですが、気づけば自分に対しての自信が芽生えていて、自分のことを好きになってました。

ヒーリングって、不思議な話と思われるかもしれないけど、ちょっとしたきっかけで大きな変化を与えてくれる魔法のようなものかなと思います。
信じるものは救われるじゃないけど、信じて試してみる事で、今まで見えてなかったもの感じることが出来なかった事に触れられるようなものだと思う。
そして「変わりたい」って思う気持ちを後押ししてくれる素晴らしいツールだと思います。
ただ、気をつけなければいけないのは、きちんとしたヒーラーさんを選ぶということです。私はMIHOさんを知ることで変われました。そのことにいつも感謝しています。

自己探求が大好きになりました

ヒーリングを受けてみて

具合が悪い時には特に感じますが、ヒーリングを受けた後、体の中、外がすごく落ち着いている自分に気が付きます。

心と体が繋がっているということを知ったことが大きかったです。
当初は愛という言葉、心臓が動く音に寒気を感じていました。
相当なマイナスの世界に生きていた私を見捨てることなく、いつも変わらずヒーリングしてくださって本当に感謝しています。
みほさんに出会っていなかったら今の私はいなかったと、いつも思います。
世界観、物事に対する考え方、誰も教えてくれなかった大切なことを教えて頂いて、人生観、世界観を大きく動かしていく変化をもたらしてくださいました。
そして自己探求が大好きになりました。

ヒーリングは受けたそのときによって感じ方は違っており、ときに脳が動くような感触のときもあれば、オーラ体が暖かく包まれたような時もあり、いつのまにか眠ってしまうこともあります。
そして結果をお聞きするとすごく繊細なんだなあといつも思います。

マイプロフィール

心理セラピー

西の魔女のブログ

スケジュール

受講者の声

ヒーリングの感想

卒業ヒーラー紹介

village通信 アナタのトリセツ私の取説メールマガジンバックナンバー

私のキャラクターはどれ?知りたい!と思った方は、HITSキャラクトロジー無料診断へGO

お申込み/お問い合わせ

ページのトップへ