プロセスワーク

プロセスワークの意味と目的、このワークでなぜ人生が180度変わるのか

プロセスワークって、ご存知ですか?

このページでは、2014年から私が全国各地で定期的に開催しているプロセスグループという体験型のグループワークについて、その意味や目的、ワークの進め方、そしてプロセスワークで何が変わるのかについてお話ししてゆこうと思います。

 

プロセスワークとは

「プロセスワーク」とひとことで言っても、世界中にはさまざまなプロセスワークの形があります。

私が提供しているプロセスワークは、主に〈気づき〉と、〈いかに自分が自分自身に気づいてゆくか〉に主眼を置いて、取り組んでいます。

人生のしくみ

人生において、何かしらうまくいかない出来事が起こるとき、私たちの内面では激しい葛藤が呼び覚まされます。

そして、その葛藤ゆえに人はさまざまな反応を起こしていくのですが、これらの反応はすべて、いまここで本当に起こっていることをなんとかしようとしている防衛反応であることに気づいている人はあまりいません。

私たちは、幼い過去に体験した出来事を基に、成長し大人になっても、子どものときのやり方そのままに振る舞い反応し続けます。

人生は、そんな私たちに、「何かがおかしいよ」「何かが間違っているよ」と気づかせようとするかのように、次々と、試練とも思えるような出来事を現実に起こしてきます。

この、現実に引き起こされてくる、一見するとどこかで手をつけたらよいのかわからない悩みをどうしたらいいのでしょうか?

現実の問題を問題でなくすには、自分自身の内側を整理整頓し、内側の葛藤を解決するのがいちばんの近道です。

 

内側の葛藤とは

現実のあらゆる苦難は、私たちの内側の葛藤によって創造されます。

そしてまた、私たちの内側の平和と安心によって、世界の平和も保たれてゆきます。

この、自分自身の現在抱えている悩みの下にある、気がつかなければならない内側の葛藤や子どもの頃の誤解、思い込みを紐解いてゆくのがプロセスワークです。

子どものまま成長できていなかった自分の本質を引き出し、いま現在大人になった自分の意識と結びつけることで、現実の世界を受け入れられるようになります。

そうすることで、人生は、驚くほどスムーズにたやすく変容するのです。

 

では、プロセスグループとは?

人生の駆け込み寺=プロセスグループ

ここ数年、東京・名古屋・松山・大阪・新潟・札幌など全国で定期的にこのプロセスワークをグループで行うプロセスグループを開催していますが、お申し込み受付を開始してまもなく満席となる会場もあり、毎回のように参加されるリピーターさんが多いのが特徴です。

また、毎回参加されなくとも、どうしても現実に行き詰まってしまった方が、“駆け込み寺” 的に参加くださるというパターンもよく耳にします。

なぜこんなにコアなファンが多いのかというと、プロセスワークで自分の中の問題を見つけ、解決すればするほど人生が180度変わっていったという経験をみなさんされているからです。

 

どうしていいかわからない悩みの下にあるもの

人生においてどうにもならないと感じていること、どうしていいかわからない悩みや問題は誰しも持っているものです。

けれどもその根っこには、実は、あなた自身が気づかなければいけないあなたの本質ーー幼い頃のある地点で成長が止まり、成長させることが必要なあなたの本質(エッセンス)が隠されています。

自分のエッセンスに気づき、引き出し、それを成長させてゆくことで、あなた自身の内側から、人生をより良い方向へと導いていくことが可能となります。

セルフワークとグループワークの違い

幼い頃のある時点で成長が止まった、つまり、人生の初期の段階においてつまづいてしまったトラウマのポイントとは、その瞬間、本来必要だったサポートやケアを受けられないままに行き詰まっているブロックの箇所です。

一人では、その瞬間何が本来必要だったのかというニーズを見つけることもなかなか難しく、ゆえに解決が難しく、足踏みしてしまいます。

けれどもそこに、他者の視点や愛、優しさといったサポートが流れ込むと、本来の成長の流れが取り戻されてゆくのです。

人は、他者との関係性における誤解や混乱ゆえに傷つき、足が止まります。

そして、他者との関係性の中で傷ついたその部分は、新たな他者との関係性の中でしか癒されることはないのです。

 

プロセスグループワーク

私が提供しているのはプロセスグループとは、プロセスグループワークのことです。

感情と精神に穏やかに作用しつつも、人生をダイナミックに変容させる力を持つグループワークです。

私のプロセスグループで特筆すべきは、参加された方が混乱し誤解しているポイントから、大人の視点をもって「理解」し受容するまでを、エネルギー的にも導いていることです。

ゆえに、頭での理解ではなく、体での「理解」が入ります。

文字通り“腑に落ちる”のです。

実際のプロセスグループ

参加者が輪になり、一人一人自己紹介をしながら、自分の抱える問題、現在行き詰まっていること、変えたいことをシェアしていきます。

ファシリテーター(私)は、一人一人の問題を分解し、ブロックのポイントを明らかにし、そのポイントで実際そこにあった「真実」に気づいていくことをファシリテートします。

また、そのポイントで幼い瞬間に感じることのできなかった感情が滞っていれば、その感情を感じるよう安心安全にサポートします。

誤解があれば、理解へと変えるサポートをします。

そうすることで、今までその人が知らなかった領域に対して理解が生まれ、新しい気づきがもたらされてゆくのです。

 

 

グループワークの相乗効果

プロセスグループでは、自分自身の問題に取り組むだけではありません。

グループですので、他の参加者が持ち込んだワークにも耳を傾け、時にはサポート役となることもあります。

そして、それによって、自分でもまだ気づいていなかった傷や、これまでわからなかった子どもの頃の違和感に気づき、そこに開いてゆくチャレンジをしてみるということもよく起こります。

つまり、他の人の問題であっても、プロセスグループの場に居合わせることで、思ってもみなかった気づきを自分の中に得ることができるのです。

 

プロセスグループは全国各地で定期的に開催されています

開催スケジュールを見る

どなたでもご参加いただけます

 

プロセスファシリテーターについて

私は、BBSHでプロセスワークに出会い、自分がワークしたり、グループワークで他の人のワークを観察し類型化するなどしてプロセスワークに対する学びを深めました。

知識、経験はもちろん大事ですが、プロセスワークをファシリテートする上で一番必要なのは、個人の資質であるように私自身は感じています。

プロセスワークとはエネルギーワークである

BBSHで私が初めて体験したプロセスワークは、分析するタイプのものではなく、完全にエネルギーのワークでした。

私たちは、目で見て耳で聞いて実際に体験することからだけではなく、目には見えないエネルギーからの影響を実は多大に受けています。

そして、この目には見えない、わかっていない領域に、ファシリテーターがどのくらい気がついていけるかが、ワークの深さにつながっていきます。

エネルギーの繊細な違いを感じ分けていくには、ファシリテーター自身が、まずは自分自身を深い領域まで癒し、さまざまな気づきを得ていなければなりません。

そのような経験を積んできたファシリテーターのみが、参加されている方にとっては未知なる、まだ見ぬ内側の領域への旅の道案内をすることができます。

ハートインタッチの提供するプロセスグループでは、エネルギーレベルの領域をより多く取り扱うことができます。

 

エネルギー領域をここまで取り扱えるのはごく一部のヒーラーのみ

ほとんどの分析心理学では、言語獲得以降の、頭で考えわかっている領域のみを取り扱っています。

ゆえに、それ以前、言語を獲得する以前のノンバーバルな領域に関しては、ほとんど触れていないのが実情です。

しかし、この、お母さんのお腹の中から生まれた瞬間から言葉を発し始めるまでの時期というのは、初めてその人が “世界” に触れ、その人の世界観が形成されてゆく、非常に重要な時期です。

この時期にいったい何が起こっていたのか、どうやってそこに触れたらよいのか、そして、何が必要で、どのように受け取ればいいのか、それらを知り、ファシリテートするための確実な手法を、ハートインタッチのプロセスグループでは提供しています。

そしてこのようなエネルギー領域を繊細かつ深く取り扱えるのは、訓練を受けた、ヒーリング能力の高いごく一部のヒーラーに限られます。

 

山本美穂子のプロセスワークを受けたご感想

2014年にスタートし、2020年現在全国で毎月定期的に開催されている私のファシリテートするプロセスグループに参加された方のご感想を、ほんの一部ですがご紹介させてください。

ひなともさん(40代女性)

子どもの頃のトラウマを探していましたが、今回参加してまさか自分が好きだと思っていた『本を読む事』がトラウマであり、自分を守る為にやっていた事だと分かってビックリでしたし、目からウロコだったのですが、すごく納得出来ました。
また、他の方のお話も大なり小なり自分も似たような事があるなぁと思ったり、この話で言うと私は逆の立場になるなぁと思いながら聴いて、色々考えさせられました。

あーちゃんさん(50代女性)

今まで心の奥底でひた隠しにしていた物が溢れ出したような感じがしました。まだまだ序の口で、上手く伝えきれない所もありますのでまた機会がありましたら参加したいです。もっと自分の言葉を頭で整理して話せるようになりたいです。頭の混乱を取り去りたい思いで一杯です。

キューピーさん(男性)

人はイメージの中で生きている。

Sさん(30代女性)

今まで何故か上手くできないことが多くて、満足感がなかったのです。周りと比べてはとても幸せな生活なのに、なんで受け入れてもらえないとかんじてました。
そこがやっと理解して繋がって癒やし方が解りました。
分かっていたけど繋がってなかったのでここは、美穂子さんが居たからこそ気付いて癒せたんだなと思います。
ありがとうございました。

良作さん(50代女性)

自分が傷ついた場に美穂子が隣に居られて
すぐ様、その対応として感情を感じること
傷ついた気持ちを赤ちゃんを抱っこする様に抱きしめ自分で自分に寄り添うことを教えて頂きとても伝わった。
はっきり掴めて乗れなかった自転車に乗れるようになった感覚でした。
このやり方を物に出来た嬉しさ
それから、美穂子先生の優しさがただただ嬉しくて幸せです。
他の人にこんな風に愛を伝えたい。

Y. 渡辺さん(40代女性)

自分にとって長年何かクリアにならない引っかかっていたことが明確になり、自分は正しいかもしれないが、何か大きく間違ってる感覚が紐解かれ理解出来た事がとてもスッキリとしました。ハッキリと分かった事がとても嬉しかったです。

今回のメンバーでのプロセスでは、回を積み重ねて来た為か、グループの中で癒せる事の有難さをとても感じさせられました。
皆さんそれぞれに実践されていますが、
苦しい、悔しい、憎悪、恐怖、身体的なかなりの苦痛に耐えながら、自分の愛があるが故に挑んでいる姿に尊敬や感動を覚えました。
家について寝る前にホッとしてから
全てを引っくるめて、愛や感謝の気持ちで満たされました。
あんなに現実の自分の中のイメージに取り込まれ恐怖を拒絶していたのに理解も入り幸せでいっぱいになりました。

自分でもびっくりしています‼️
全ては自分の中の投影、引き寄せ
相手は気づかせてくれているだけ
頭でしか分かっていなかったが心からそう思えるようになると、大丈夫って気持ちになれました。

美穂子先生が言われていたステイシス
ただ感じるを受け入れる
ステイシス=サレンダーして、ただ待つ
待つは忍耐であり、その中には愛がある
それが出来たら、自分の中の闇と光が見えるようになる。そうするとどうなるかまでは分からなかったですが
またまた、貴重すぎる話を沢山ゲット出来
嬉しかったです。
心理プロセスグループは私にとっては何より宝の山です。
感謝しかありません。本当にありがとうございました😊💖💖💖💖💖💖💖💖💖

よっちさん(40代男性)

怒りを表現していい。そしてそれを受け止めてもらう経験をしたこと。怒りを表現したことはあるが、受け止めてもらう経験がないのであっても出すことをしない。無意識になかったことにする事で感情が抑圧されていたことに気づけたこと。あの瞬間はその怒りが全てのように感じていたが、たくさんある中の一つだったんだという感覚が出てきた。美穂子さんに指摘された怒りは破壊する(人間関係、物理的なもの)を書き換えたらもっと楽になるのでは⁈と感じています。

マロンさん(女性)

今起こっている悩みが子供の頃の出来事だと気づけた事に驚いて、今後の自分のテーマが分かり、そこを癒せたらどう変っていくのかとても楽しみになりました!

かぐや姫さん(女性)

とても虚栄心が高い私は、他の方のお話しを伺いながら、自分に置き換えて考える所もりつつ、そんな簡単に泣けるのかと思ってました。いざ自分の番になると、あれよあれよという間に涙が。そして、今迄抱えていたモヤモヤが一瞬にして快晴。異なる関係の中でも癒す事が出来るんだというのが、1番の感覚。何の為に癒しへの道をやってたんじゃいという事にとなりますが。とにかく愛とはなんぞやという課題を抱いていた私にとっては最高の学びでした。
人との関係性の中でしか癒されないという事を聞いた事があるのですが、正に体感したという感じです

K.T.さん(男性)

長い期間、たいへんな生き辛さを抱えて来たが、自分が、どういう状態で生きていたか初めて気づかしてもらった。そして、ワークの中で、安心感を体験させてもらい、楽に日々の生活を送れるようになりつつある。

Y. 金井さん(40代女性)

完全に岩のように蓋をしていた。
自分でも全くわからなかった。
堰を切ったように出てくる。怒り、辛さ
身体の震え、固まりきって、動けなく
手は痺れて感覚が無かった。

今まで誰にも話せなかった事を言ってもいいのでは、と内容を余り理解せずに参加しました。

子供の私が殺してやりたい。怒ってました。

そして、人との関係を続かなくしている、衝動的に全てを壊したくなる理由が
初めて分かりました。

一緒にいてくださった方々、優しい手、ぬくもりをありがとう。みんな涙は、生きて来て初めて感じた
ありがとうでした。

次の日から、朝起きて私口の中、顎
力楽さ。力を抜いて寝ていました。
一番感じた。体の変化。
朝起きた時 嫌な不安感が軽くなった。

M.Y.さん(30代女性)

今回のプロセスで、私は頭に血がのぼるという怒りの感情をおそらく10年以上ぶりに感じました。
仕事がハードワークになってから、体は硬くなり、怒りや嫌悪感も感じなくなったかわりに、心の底からワクワクする感じや喜び、悲しさもあまり感じなくなってしまっていました。
心も体も感じなくなり、生きている実感を失いました。

プロセスに参加して、1ヶ月半経ちますが、感情のふたが開いたのか、日常生活の中でときおり急に感情が湧き上がり、涙が出たりします。

感情を少しずつ、取り戻しつつあるように感じ、そのことをとても嬉しく思っています。

今までいろんなヒーリングやセッションを受けてきましたが、変化はなく、そのたびに希望をなくし、落ち込んでいました。

プロセスを受けて、本当によかったです。

また、他の方が抱えている問題を聞いていて、辛いのは自分だけじゃない。みんな、何かを抱えて生きていると改めて知るとともに、他の方が癒されていく様子を見て、自分も癒される感じがしました。

山本先生をはじめ、あの場を作ってくださった皆さんにとても感謝しています。
ありがとうございました。

E.山口さん(50代女性)

前知識もなく、初めてワークに参加しました。
参加されている方々の心の深い傷にご本人が気が付き、癒し、安心し、目覚めていく過程を目の当たりにして、私もとても感動し、癒され素敵な時間を過ごすことができました。
人は、人との関係の中で癒されていくんだなぁと知りました。
特別何かをするわけではなく、ただ存在自体、そこにいるだけで愛なんだと感じました。
そして無理に自分以外の何者かになる必要なんてなかったんだと気が付きました。
美穂子先生に、見つめられると大いなる愛に触れ恥ずかしい気持ちや、嬉しい気持ち、暖かい気持ちが入り混じり涙が溢れそうになりました。
ハートが輝いた気がしました。
ワークの時間はエネルギーのせいか、眠気も凄かったです。
これから、少しずつ勉強していきたいと思います。
ありがとうございました!

K.M.さん(40代女性)

プロセスグループは2回目でした。
安全安心の場所という感覚を知っていたせいか、ずっと「言ってはいけない」「感じてはいけない」と思っていたことを安心して吐き出せました。変化と言えるかわからないですが、胸が軽くなりました。
それと、プロセスグループだけではなくて他のスキルなどもそうなんですが、キャラクトロジーは癒された後のリバウンドが無いと思います。勿論、自分の思考のくせなので一回癒せば終わりということではなく、最大限に癒されるまで何度も同じところにはいくのですが、確実にもやもやが小さくなっていくのがわかります。以前のように身体中が冷たく冷え切ることはなくなりました。思い込みではなくホントの癒しなんだと思います。
一緒に受けた方の癒しが自分の癒しになったりしましたし、何人もの人がわたしの感情を受け止めてくれているという経験が、ただただ嬉しかったです。
また参加したいです。

リーフさん(50代女性)

身体中で感じる、初めてのエネルギー、幸せだと思う感覚が、今も思い出すと涙が出る感じです。

🌼自分が幸せな時に、どんな体感があるのかわかり、どんな嫌な場面でも、私は幸せを感じている事があるんだと、知りました。そして、私は人が辛い場面で幸せを感じてはいけないと思っていた事を知りました。私は、自分が幸せを感じている事を、否定しなくていいと思えました。

それで、自分を大事にしていくことに、意識を置くと、冷静に自分をみることが増えて、新しい職場で、新しい人間関係を自分で、どんなメンバーを配置しようとしてるのか見えました。
自分で決め付けて、接するから相手も、私の思った通りに、接してくれることに気づけ、違うんだと私の意識を変えたら、関係が良い方へ。
本当に、自分の意識の大きさを、実際に体験してます。
今まで、頭で理解してるだけで、体験がありませんでしたから、自信になりました。

一番大きな動きは、夫が今まで拒否してきたセッション系に、自ら予約を取って、変わろうと意識した事です。

本当にありがとうございました。
また、是非よろしくお願いします。

 

Y.美穂さん(40代女性)

あり得ないくらい凄いことが起こりました!!

アニーさん(50代女性)

二元性の片方によらす両方とも見る、という分解の仕方(手を使って、地団駄を踏む)がとても腑に落ち、頭で考える癖がある私には効果てき面な気がしました。

大好きな父親を「嫌い」と思ってはいけないという偏り、私も同じだったと気がつきました。一緒になって何度も父親に対して「(母に怒られているのに)なんで助けてくれないの?お父さんなんか大嫌い」と心で叫んで泣いていました。付き合う男性に対して、親密になる安心感というものを持てない、どうせ私の味方はしてくれないという寂しさや諦めの癖がここにあった、まさかの「好き」の中の気づきでした。これから自分が行動していく中で、「どうせ」の諦めを持たなくていいような感覚、安心感に包まれてきます。このタイミングで声をかけてくれた友達、山本先生、皆さま、ありがとうございました!

W.由紀子さん(40代女性)

自分が枯渇していること。
お世話をされることに慣れて居らず居心地が悪く、受け入れにくいこと。その為そこから逃げてしまいたくなり
お世話する方に回ろうとして、エネルギー不足になる。振り返ってみて凄く腑に落ちました。ワークでも、あれ程体の奥底から勝手に込み上げ抑えきれず泣けてしまうのにはびっくりします。

美穂子先生にお世話をしてもらい。お世話をされる人の気持ちが分からないと、私が誰かをお世話した時、相手の人は心地よくない、でしょう。
お世話をされる体験がなくそこから成長していないと言われてハッとするような思いがした。だから、人生うまく行かない、いつも同じところで躓くんだと思いました。

実際に初めてお会いした方が多い中
みなさんに取り囲まれたにも関わらず、圧迫感を感じず、緊張は感じたが優しい空気が伝わって来た。
皆さんに手を摩って貰ったり、足を揉んでもらったりしながら、美穂子先生はずっと目を見ながら胃に手を当てられ、セッションして頂き胃袋だけが、全体的にあったかく
オーラルのエッセンスで生きれる言葉掛けに
本当にそうなりたいと思いました。

道のりはかなり長くなりそうですが、日々キャラクトロジーを意識して生活をしていきます。
グランディングをしっかりする必要がある。体に感じていられるようになる為
オーラルのエッセンスで生きる為に必要だということは分かりました。

自分1人では、日々の生活に追われると、キャラクトロジーを意識して生活がだんだん薄らいでいってしまうので、プロセスは毎月参加しようと思いました。

今回も参加出来て良かったです😊💖✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨

K.佐藤さん(40代女性)

「○○ちゃん、○○くんのことが好きだから怒るとよ」と…子供に言っていました。私自身もそう思っていたから。『愛』=『怒る』という図式であり、感情思考だったから。参加して『愛』と『怒る』は=(イコール)ではなかった‼️と気づかせていただきました。帰宅後すぐに子供たちに訂正と気づかせいただいたことを話しました。
感情のブロックでは、身内ではないからこそ話せた部分であり、そのことが私1人ではなかった。と…誰にも言えず苦しかったことを外に出せたことで少し楽になると同時に、仲間がいるという安心感を感じました。ワークの中でたくさんの『愛』とくっついているモノがあるとわかったことで、今まで起きていた現象に納得することができました。深く学びたい!もっと自身を癒し、癒す術を身に付け周りを癒していきたいと思いました。ありがとうございました。

みかさん(50代女性)

皆さんに触れていただいて、山本先生にワークをしていただきました。初参加のわたしのために時間とエネルギーをありがとうございました。
スキゾイドであった、ということが、ワークの体験を通してわかり、目からウロコが落ちています。

人、特に女性が怖くて仕方なく上手く世界と繋がれないこと、どこにいても、いてはいけないのにそこにいなくてはならないような所在無さを感じていたこと、時に自分の人生は、自分で背負うのは無理っ!というような絶望感に陥っていたことの意味がわかったように感じています。

ショックであることは確かですが、でもこれまでの苦しみの理由がわかり、努力の方向が指し示された、という意味で、本当にありがたく喜ぶべきことだと感じています!

山本先生にお会いできてよかった。
時間はかかると思いますが、自分と世界としっかり繋がるために、これからお世話になると思います。どうぞ、よろしくお願いいたします

O.N.さん(40代女性)

ほとんど何も知らないままの初参加でしたが、とにかく美穂子先生の存在感、その本氣の眼差しが忘れられません。

原因はあったものの、自らの選択でどんどん自分を追い込んで引きこもってしまった現状を打破するきっかけが欲しくて参加させて頂きましたが、改めて自分がいかに歪んだ眼鏡をかけて残念な選択ばかりしていたか!という衝撃。。
しかも折り返し地点過ぎてしまった今までの人生ずっと!!!と、そしてまたうっかりするとするりとその世界に戻ってしまうこと。
今はまだ特定できない思いだせないような自分のトラウマに徐々に向き合って自分のエッセンスを思い出して生きたいと心に決めました。

学びを進めて来られた先輩方の存在がとても輝いて見えました。帰り道が同じだった方がまだ何も知らない私に色々な知恵をシェアして下さった事もじんわりと愛を感じました。

根深いトラウマがありグラウンディングがなかなか出来ない私にとっては、人の激しい感情に触れることはとてもしんどい事でもあり翌日以降も引きずりましたが、きっとそれもセットで貴重な体験だったと言えます。

ありがとうございました。なるべく早く講座で学び始めたいです。

T.M.さん(50代女性)

リジットの傷の作られた場所が特定されて、まさかそこで傷が作られているとは、まったく思いもよらないことに驚きました。自分にとって「ほほえましい図」として繰り返し思い出されていた場面が、むしろ傷になっているから思い出されていたのかと。
以前見た夢と合わせて思うに、私はお腹にいたときから、それを嫌悪している。
そのことが、ベースにあってのリジットタイプだったと知り、人生の謎がばらばらと解けたように思いました。
それを隠し、補うように、私は「構造を強める」という反応を繰り返した。もともとの私自身は、ずっと柔らかなものを湛えた、女性性を持っているのに、それを持っていることは危険だ、と学習した結果、女性性を隠し抑えることにしたのだ、と分かりました。

次は、その嫌悪の部分が解かれる(理屈で納得ではなく)ことを意図して学ぼうと思います。

K.K.さん(30代女性)

恋をして、不安でたまらなく、そこをなんとかして欲しかったんです。頭ではパパ転移なのはわかっていました。でも実際に体験として、パパに恋して叶わなかったところで持ち続けていた怒りと嫉妬を出して、受け止めてもらえて、現実としてあまり不安を感じなくなりました♡
パパ転移を外して、彼に恋をしている現実と向き合える喜びがあります。パパ転移のままだと「絶対に叶わない恋」だった。これからはちゃんと彼を見て彼と未来を紡いでいけます。恐らくこれからは未知の不安と向き合うことになるんでしょうが、なんてタイミングでしょう。恋愛キャラクトロジーがある!!勉強しまーす♡
上記が私が持っていったテーマでしたが、他の受講生さんが美穂子先生とセッションしている間、ママ転移があり嫉妬していましたw
が、すぐに気付き自分で対処できました。
これもパパ転移を外してもらえたからかなぁと思っています(´◡`๑)

 

プロセスグループの感想をさらにご覧になりたい方は こちら

 

プロセスグループは全国各地で定期的に開催されています

開催スケジュールを見る

どなたでもご参加いただけます

-プロセスワーク

© 2020 Heart in Touch 山本美穂子公式サイト